\NEW@店頭&ウェブショップ/オーガニック&フェアトレードチョコレート

\NEW@店頭&ウェブショップ/オーガニック&フェアトレードチョコレート

今年もオーガニック&フェアトレードチョコレートの入荷が始まりました。
まずは昨年に引き続き、”ショコラマダガスカル”と”ステラチョコレート”を。
寒くなるとチョコレートが恋しくなるのはなぜでしょうか?

チョコレートを食べてホッとするひとときが、作り手の幸せにつながっている。
そんなまあるいつながりのおいしさを味わってみませんか。森のコーヒーのドリップバッグとセットもご用意しています。
カフェインレスもご用意しています。
この季節のスモールギフトにもどうぞ!

◆◇◆ショコラマダガスカル◆◇◆*ウェブショップのみのお取り扱いとなります。

フルーティーな最高級カカオ。
マダガスカルでは、約200年前からカカオの栽培が始まっており、伝統の品種を改良せずにそのまま栽培が続けられています。

ショコラマダガスカルの原料として使われているカカオの品種は、現地独特の特徴を有するフォラステロ種と、トリニタリオ種とクリオロ種のハイブリッド種。
フルーティーな酸味と香りが特徴です。
同じ品種のカカオでもワインと同じように土や気候で香りがまったく異なり、チョコレートの種類によってその違いを楽しむことも出来ます。

また、マダガスカル産のカカオのほとんどは、マダガスカル北西部のサンビラーノ川流域の熱帯林で栽培されています。
豊かな自然環境が良質なカカオ豆の栽培には重要であるため、カカオは森を守りながら大切に育てられています。

■マダガスカルのチョコレート専門店「ロベールショコラトリー」
ロベールショコラトリー社はマダガスカルの首都、アンタナナリボに本社を構え、1940年の設立以来70年以上に渡って製造を続けているチョコレート専門店です。マダガスカルは独自の植生を有し、良質なカカオ豆やバニラの産地として知られています。
そのマダガスカル産原料にこだわるロベール社。カカオ豆の栽培から完成品のチョコレートの製造にいたるまで一貫して自社で管理しています。完成品は純粋なカカオバターのみを使用し、Bean to Bar(ビーントゥバー)の王道を歩む貴重なチョコレートです。
また、ロベール社は全ての行程をマダガスカル国内で行うことにこだわりを持ち、国内の雇用創出に貢献しています。それに伴い、「フェアトレード」が盛んに叫ばれるようになる何年も前から、カカオ豆の品質に応じて生産者にプレミアムを支払うなど、生産者との間で公正な取引をすることに努めてきました。

■マダガスカル産ビーントゥバーのこだわり
新鮮さを保ったままのカカオを世界市場に通さす、すぐにマダガスカル国内でチョコレートの加工に使うことでカカオ本来の風味を完成品のチョコレートに残すことができます。
元々、苦味が少なく食べやすいマダガスカル産カカオ豆を嫌な苦味や雑味がでないように慎重かつ絶妙にブレンドしています。カカオ豆の収穫、発酵、乾燥、焙煎、その他の原材料の調達、チョコレートの生産まで一括管理しているロベール社だからこそ作りだせるおいしさです。
一般的なBean to Bar(ビーントゥバー)とは、カカオ豆の調達から製品になるまでを一貫して行うチョコレート造りのことを指しますが、ロベール社の取り組みはそののさらに先を行ったスタイルと言えます。

■オーガニック認証
ロベール社のチョコレートは2013年よりECOCERT(エコサート)のBIO(オーガニック認証)を受けています。ECOCERT(エコサート)は、フランスに拠点をおく国際的なオーガニック製品の認証団体です。EU圏内に五ケ所の独立法人、EU以外の場所では七ヶ所に駐在員事務所が置かれており、それらはドイツにあるエコサート・インターナショナルにおいて一括管理されています。

■Tree-to-Bar
マダガスカルにあるロベール社は、70年以上前からマダガスカルカカオ100%にこだわるチョコレートを作ってきました。
そのロベール社がこだわるのは、カカオ豆の栽培から製品になるまでを一貫して行う「Tree-to-Bar」。Bean-to-Barのさらに一歩進んだ取り組みです。
原料としてカカオを輸出するのではなく、チョコレートという最終製品までを生産地で行うことで、フレッシュなカカオ本来のフレーバーを保つという品質面の利点はもちろん、原料輸出よりも大きな経済収益をマダガスカルの人にもたらします。

■カフェスローでの取り扱い種類
〇ダークチョコレート カカオ70%
〇ダークチョコレート65%こぶみかん&フルール・ド・セル
〇ホワイトチョコレート37%ブルボンバニラ入
〇【20%OFF】ヴィーガンカシューミルクチョコレート65%

 

◆◇◆ステラ オーガニック チョコレート◆◇◆

ステラチョコレートは美味しいことはもちろん、食べることで、原料の栽培から製造に携わるすべての人の力となり、環境にも配慮されたチョコレートです。

■ オーガニック
ステラチョコレート6種のうち「オーガニックダークチョコレート」「オーガニックダークオレンジチョコレート」「オーガニックザクロチョコレート」「オーガニックココナッツチョコレート」は有機JAS認証を取得しています。
また、「ミルクチョコレート」「ミルクアーモンドチョコレート」を含めた6種すべてが、EU、アメリカ農務省、カナダのオーガニック認証を取得しています。

■ フェアトレード
ステラチョコレートは6種すべてフェアトレード認証製品です。
スイスにあるチョコレートメーカーStella Bernrain社は、1991年、世界に先駆けてフェアトレードチョコレートを開発しました。
1991年に世界で初めて、フェアトレードチョコレートを製造し、その3年後にオーガニックチョコレートの製造・販売を開始しました。それから20年以上に渡り、世界中の農業協同組合との協力関係を築き、現地と直接やり取りをして原料を入手しています。

また、カカオの木の苗を育てるところから、豆を収穫して加工するところまで、その設備や技術の向上を支援しています。それが最終的には、原料のカカオ豆の品質向上、製品となったチョコレートの高い品質にもつながっています。

■ 乳化剤不使用
コンチングと呼ばれるスイス発祥の伝統的なチョコレート製法を用いて作られています。時間をかけて丁寧に材料を練りあげることで、多くのチョコレートに使用されている乳化剤を使用せずに、滑らかな食感のチョコレートが出来上がります。
チョコレートの味を素直に感じられる、食べやすい味わいです。

また、環境保護先進国であるスイスの企業として、様々な活動を行っています。たとえば、熱回収の仕組みを取り入れることにより、工場内の水の使用量を約98%カットすることに成功しました。
また、スイスの平均的な製造業に比べ、外部エネルギーの使用を約22%、CO2排出量を約48%少なくすることも達成しました。

■カフェスローでの取り扱い種類
〇オーガニックダークチョコレートカカオ80%
〇オーガニックダークオレンジチョコレート
〇オーガニックミルクチョコレート
〇オーガニック ミルクヘーゼルナッツチョコレート

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)