『 里山みらいのすだち と さつま芋の2層のアイシングケーキ 』:11月のケーキ

『 里山みらいのすだち と さつま芋の2層のアイシングケーキ 』:11月のケーキ

秋の味覚を味わうケーキ第二弾!涼しくなってきたので、アイシングケーキを再びご用意しました。
今回は、「すだち」と「さつま芋」◎

1層目は、すだち香るふわっと軽めの層。細かくおろした果皮もたっぷり練りこみ風味豊かに焼き上げました。

すだちは、徳島県神山にてNPO法人里山みらいさんが運営する「神山すだち農家組合」さんにご縁頂きました。(詳しくは下記の作り手の紹介へどうぞ!)フレッシュな香り最盛期の旬の時期から少し落ち着かせて、まろやかになったものを使用しています。

2層目は、どっしりしっとりの秋のお芋の層。まずはさつま芋(紅あずま)から。ほっくり甘さの中のアクセントにはメキシコの森から届いた香ばしいカカオニブを。

どちらの生地も南部小麦をベースに、さわのはな米粉、アーモンドプードル、神崎在来豆腐などが入り重たすぎないようにまとめています。

そして上部にはすだちとてんさい糖だけで作ったアイシングを厚めに塗っています。
すだちの果皮と、水分は果汁のみ!しっかりとした甘さも味わいながら、すだちの贅沢な香りをお届けします。

すだち×秋のお芋×カカオニブの新しいハーモニーをお届けできたらと考案者キッチンチーフまよさんより。

カフェではお皿にカカオとマスコバド糖のシロップをぽつぽつぽつと…

食べ進めるごとに楽しさをお届けできたらうれしいです。

■つくり手の紹介
〇すだち
・「NPO法人里山みらい」https://satoyama-mirai.jp/
都市に住む人、里に暮らす人、共に支えあう「古くて新しいみんなの里山をつくろう」をモットーに2015年に発足。「じいちゃんたちが大切にしてきた自然と共に生きる知恵や謙虚な姿勢を受け継いでいること。」「さらに多種多様な人の知恵・技術により、作物を育てる、木を伐るといった人間の根幹である営みに新たな価値が創造され、持続可能な「みんなの里山」になっていること。」その2つを実現するために、様々な人と人がつながり、生まれるアイディアを形にしていく。今回、キッチンチーフが徳島とのつながりがあり、里山みらいの活動に共感し、今回こちらのすだちとご縁頂きました。

・神山すだち農家組合*こちらからすだちの購入も可能です。
https://kamiyama-sudachi.com/
1956年、「とくしま県神山町」から始まったすだち農業も今年で64年目。
現在は3代目農家が中心となりはじめ、様々な活動に取り組んでおります。Facebook、Instagramで産地情報、すだちの楽しみ方などを発信しておりますので、フォローお願いします!
*「神山すだち農家組合」はすだちの栽培、販売、人材育成を行うNPO法人里山みらいが運営を行っております。 (ウェブサイトより抜粋)

*ウェブショップではホールでの販売をしています。11月発送分全て受付中です(数量限定)。
https://cafeslow.thebase.in/

*合わせて楽しむ!おすすめ森のコーヒー
・ティモンコーヒー(東ティモール)
透き通るような味のトーンと深い苦味、後に長く残る甘みが特徴です。 すだちのリフレッシュする香りとお芋の甘さに寄り添います。
https://cafeslow.thebase.in/items/34700885

・ハチドリコーヒー
ブレンドならではの甘味と酸味の軽やかな味わい。すだちのフレッシュな香りをさらに後押ししていくれるような軽やかさ。
https://cafeslow.thebase.in/items/34700885

・・・・・・・・・・・・・

〇里山みらいのすだち と さつま芋の2層のアイシングケーキ 677円/税込740円

*カフェスローのデザートは、自然と人の物語とつながりある素材で、卵と乳製品を引き算して、てんさい糖やマスコバド糖などの自然の甘味と季節のめぐりをスパイスに、1からにつくっています。

・・・・・・・・・・・・・

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)