里山みらいのすだちと梨のパフェ~秋のヴィーガンパフェ vol.1

里山みらいのすだちと梨のパフェ~秋のヴィーガンパフェ vol.1

秋のヴィーガンパフェ、始まりました。

今夏はあれこれ悩んだ結果桃をお休みしましたが、長い秋に向けて、果樹園木楽のりんごパフェの前に、今季は新作をご用意しました。

秋のフルーツ。さっぱりとした潤いのあるすだちの果汁と梨を、キャラメルアーモンドのアイスと合わせました。

すだちは昨年に引き続き、徳島県のNPO法人里山みらいさんから届けて頂いています。

パーツは8つ。
ひとつずつお店で丁寧に手作りしています。

◯白胡麻クッキー
◯ひまわりの種のチュイル

◯キャラメルアーモンドの神崎在来豆腐のアイス
◯すだちのゼリー
◯梨・フレッシュ
◯梨シャーベット
◯みりんときび砂糖を使用したオートミールのみのグラノーラ
◯豆乳カスタード

そして、すだちのカットをのせて。

不安定な気候やコロナとなかなかに厳しい、不安な状況が続きますが、農家さんたちのご尽力で、今年も秋の恵みを届き始めました。
感謝です。

どうぞお楽しみ頂けたら幸いです。

写真:神山すだち農家組合facebookページより

 

■つくり手の紹介

〇すだち
・「NPO法人里山みらい」
https://satoyama-mirai.jp/
都市に住む人、里に暮らす人、共に支えあう「古くて新しいみんなの里山をつくろう」をモットーに2015年に発足。「じいちゃんたちが大切にしてきた自然と共に生きる知恵や謙虚な姿勢を受け継いでいること。」「さらに多種多様な人の知恵・技術により、作物を育てる、木を伐るといった人間の根幹である営みに新たな価値が創造され、持続可能な「みんなの里山」になっていること。」その2つを実現するために、様々な人と人がつながり、生まれるアイディアを形にしていく。キッチンチーフが徳島とのつながりがあり、里山みらいの活動に共感し、今回こちらのすだちとご縁頂いています。

・神山すだち農家組合*こちらからすだちの購入も可能です
https://kamiyama-sudachi.com/
1956年、「とくしま県神山町」から始まったすだち農業も今年で64年目。現在は3代目農家が中心となりはじめ、様々な活動に取り組んでおります。Facebook、Instagramで産地情報、すだちの楽しみ方などを発信しておりますので、フォローお願いします!
*「神山すだち農家組合」は すだちの栽培、販売、人材育成を行うNPO法人里山みらいが運営を行っております。 (ウェブサイトより抜粋)

〇神崎在来豆腐
神崎在来大豆は千葉県神崎の土地に古くから伝わる地大豆で、甘みの強い大豆と言われています。その大豆自体の持つ甘さを活かしたお豆腐作りをされています。
「地大豆」とはその土地に古くから継がれる大豆のこと。日本には数えられるだけでも約300種の地大豆があると言われています。

「豊島屋とうふ店」
50年近く続く町のお豆腐屋さん。日本の風土で育てられる大豆「地大豆」から日本の食文化の代表である豆腐、お揚げ等の大豆食品を、豆それぞれの特性を活かしながら一つ丁寧に紡いでいます。
豊島屋とうふ店さんの「神崎在来大豆の絹豆腐」はカフェスローの料理にはなくてはならない大切なお豆腐です。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)