【延期】7/20(土) 映画「日本と原発 4年後」上映会&トークイベント

【延期】7/20(土)  映画「日本と原発  4年後」上映会&トークイベント

日程延期のお知らせ (7/18更新)

残念ながらご予約人数が最少催行人数に達しなかったため延期させていただく運びとなりました。心よりお詫び申し上げます。

また日程を改めて8月に企画・開催することを考えております。
詳細が決まり次第、告知させていただきますので、ご参加いただけましたら幸いです。誠に申し訳ございませんが、ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

—————————————————————————————————

カフェスローにて、映画「日本と原発 4年後」上映会&トークイベントを開催!

監督の河合弘之さんをお迎えして、トークイベントも行います。

原発の仕組み・歴史・福島の事故から現在に至るまで、弁護士視点で描かれる日本の原発のすべてを紹介。
ぜひこの機会をお見逃しなく、ご参加ください。

日程:2024年 7月20日(土)
18:00 開場 18:30 開演

第1部 「日本と原発 4年後 」 上映(約2時間)
第2部   解説&トーク

会場:カフェスロー
東京都国分寺市東元町2-20-10
(JR線・西武線 国分寺駅南口より徒歩5分)
http://cafeslow.com/access/

出演
河合弘之  (映画監督 弁護士)

聞き手 吉岡淳 (カフェスロー代表)

料金
2000円+ワンドリンク(600円)
*当日 受付にて現金払い

お申し込みはこちら
https://forms.gle/8rriHhPqk12iUrnv5

映画「日本と原発」について
原子力発電の仕組みとは、歴史とは、それを支える日本の社会構造とは。
否定する人・推し進める人。避難生活を送る人たちは、、、 ピラミッドのように積み上がりながら、ふる里を侵蝕し続ける放射性廃棄物。 毎時5.0マイクロシーベルト! 放射線量標識が立ち並ぶ常磐自動車道。 低線量被曝とは? 母親たちの苦悩に答えはあるのか?
日本にも起こりうるテロ・戦争行為で原発は、自国に向けられた核兵器と化す。 高浜原発を止めた司法の判断! そして再稼働は…? 東電元役員に下された強制起訴までの道のりとは…? 全国の原発差し止め訴訟の先頭に立つ弁護士が描く原子力発電のすべて! 2014年に発表された映画『日本と原発 私たちは原発で幸せですか?』から1年。 刻々と変化する問題を新たに伝えるために、映画「日本と原発」は、その瞬間を記録して続けてゆく。

出演者プロフィール
河合弘之(かわい ひろゆき)
1968年東京大学法学部卒、1970年に弁護士登録。さくら共同法律事務所所長。数々の大型経済事件でビジネス弁護士として活躍する一方、2011年3月11日の福島原発事故をきっかけに全国の原発差止訴訟弁護団をまとめ、自身も多くの弁護団に参加している。福島原発事故の責任を当時の役員らに問う東電株主代表訴訟では世界の裁判史上最高額の13兆円強の損害賠償命令を勝ち取った。また、社会貢献活動として中国残留孤児、フィリピン残留日本人の国籍取得にも尽力。映画監督としても活躍しており、これまでに脱原発・自然エネルギーや日系人の就籍問題を題材にした5作品を企画・制作している。

お食事のご紹介
事前予約制にてオーガニックお弁当2種類をご用意しております。ぜひ開演前にいかがでしょうか。

① 季節の発酵ヴィーガンスロー弁当 1,400円税込<内容>主菜、季節野菜の付け合わせ(例:季節の甘酢漬け)、さわのはな玄米ごはん、そして人気のひたし豆。カフェスローの看板メニュー「スロープレート」をお弁当BOXに詰め込みました。

② 国産全粒粉・車麩カツの海苔弁当 1,000円税込<内容>国産全粒粉車麩カツ、季節野菜の付け合わせ、さわのはな玄米ごはん、海苔。豊かな芳香の焼きのりを、昆布醤油に浸し、もっちり炊き上げたさわのはな玄米にのせました。より多くの方にカフェスローのお食事を楽しんでいただけるよう、ヴィーガンスローBOXより内容量は少なめですが、人気の車麩カツを主菜に手の届きやすいお値段でご用意いたしました。こちらもヴィーガン対応です。

*写真はイメージです。季節により内容が異なります。
*お弁当の申込締切:7月17日(水)18時まで。
*当日2杯目からのドリンクはキャッシュオンでご購入いただけます。
*通常のカフェ営業メニューはございません。

主催
カフェスロー
TEL:042-401-8505(10:00-17:00 月曜定休)
cafeslow@gmail.com

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)