6/21金~26水『ツバメ展 ―軒下から大空へ 2019』

6/21金~26水『ツバメ展 ―軒下から大空へ 2019』

100羽巣立っても、翌年まで生き抜いて、日本へ戻ってこられるツバメは僅か数羽だそうです。無事海を渡り帰ってきたツバメたちを見守っていくことに繋げられたらと、今年もツバメ展を開催します。
ツバメを描いたリトグラフや、人工巣やフン受け等の子育て応援グッズの展示・販売、そして観察レポート等も予定しています。
又、ツバメの専門家・神山和夫氏による講演会や、人工巣作りのイベントも行います。

ぜひ、ご来場ください。

■日時:6月21日(金)~26日(水) ※24(月)は定休日 11:00~18:00

●講演会『かわいい同居人、つばめの不思議 その3』
・講師/神山和夫氏(NPO法人バードリサーチ研究員)
・6/22(土) 18:00~20:00(17:30受付開始)
*お申込:tsubamenoe@gmail.com 6/16まで。(先着40名)
*参加費:2,000円(お食事&お飲物代込み)
ツバメの保全活動も行い、ツバメの生態に熟知した神山和夫氏の講演をお食事をとりながらお聞きいただけます。
今回は、写真家・宮本桂氏(「にっぽんツバメ便り」 2018年出版)のかわいらしいツバメの写真を資料映像に講演を進めます。
講演後にご参加の皆様との交流会も行います。

●「ツバメの人工巣作り」デモンストレーション
・6/23(日) 15:00~16:00
コルク粘土を使った人工巣の作り方を、実演を交えて解説します。
*見学自由 ・ 若干名、作成もできますので、ご希望の方は下記へお申込みください。

◎お申込み:tsubamenoe@gmail.com

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)